「いいね!」  で       いいのか。

 

昨日の新聞記事から引用。

 京都市の地下鉄の車両広告にこんなのが出ていた。

  下に 「Real」は もっと複雑かもしれないと。

話に深く心を揺さぶられたのならその思いを、

微かに違和感を感じたなら「こうとも言えませんか」との反応を言葉で返すのがプライドというものだろう。

話が本当にいいなら、「いいね!」で閉じるのではなく、そこから話を開いていかねば・・・・・・・。


さらにもっと前には

 努力というと、つい我慢や根性を連想するが、人の実力というものは、

「長いスパン」で見なければならない。

短期的な成果を期待され、無理して踏ん張らないといけないときもあるが、

本当のゴールはうんと先にあって、大事なのは継続だと。


パッと咲き、パッと散るなんて、虫のいいことを考えていたあの頃。

でも散った後のほうが確かに長い。 だけどそこからが肝心なんだ。


そして TVかラジオで何気なく発した俳優 高田純次さんの言葉に感激!

 「 私のモットーは  

 昔話をしないこと。  自慢話をしないこと。 説教をしないこと。 」

 この三つだそう。


 以来、自分もこの教えを教訓にしている。