満足できるお庭を実現するための、エクステリア業者探しのコツ

 


新築住宅を建てた後、外構工事に後悔されている方が多いということをご存じですか?

家を新築する際は、間取りやインテリアなど家そのもののことに気が取られがち。また外構は、家を建ててお金に余裕ができたらやればいい、と後回しにする方もいらっしゃいます。

しかしこれは大きな間違いです。庭は時間を重ねるごとに植物が育ち、味わいを増してゆくものですので、新築工事といっしょに考えるべきです。ただし、お庭はハウスメーカーや工務店任せにせず、エクステリアのプロに任せるのが鉄則。

今回は満足いくお庭を実現するための、エクステリア業者探しのコツをご紹介いたします。




■イメージを形にするためには展示場のある業者を


「家庭」という文字が「家」と「庭」から成り立っているよう、庭は暮らしに欠かせないもの。日々の暮らしを豊かにしてくれるだけでなく、上手に庭をつくれば夏の苛烈な暑さをやわらげることができ、冬は心地よい日差しを家の奥まで届けてくれます。

ではそんな庭づくりに長けた業者は、どうやって探せばよいでしょう?


今はインターネットで検索をすれば、さまざまな業者のウェブサイトがヒットしますが、大切なのは展示場をもっているか、ということ。

こんな雰囲気のお庭にしたいというイメージはおもちでも、それを具体的に業者に説明するとなると難しいですよね。また、こんな樹々を植えたいと思っていても、実際に見てみると枝ぶりは1本1本異なりますし、高さも想定していたものより高かった、あるいは低かったということが多々あります。


つまり何より早くて確実なのは、実際の植物やお庭のデザイン、エクステリアのアイテムを見てみること。展示場をもっているエクステリア業者を訪ねれば、このような実物が見られるだけでなく、その業者が得意とするデザインの雰囲気もわかります。




■実物を確認するだけでなく、担当者との相性もチェック!


もう一つ大切なのが、担当者との相性。

何件か業者を比較して最終的な決め手になったのは「担当者と相性がよかったから」というお客さまからがほとんどです。

庭は、カタログからサンプルを選んで納品できるようなものではありません。お客さまのイメージを的確にくみ取るためには、やはり対話が必要です。したがってお客さまにとっても、気持ちよく話ができ、その会話のなかからイメージを引き出す担当者との相性は、非常に重要なものであると言えるでしょう。


満足のいくお庭を実現するために、ぜひ早い段階でお庭のイメージを膨らませ、ぴったりの業者を見つけましょう。そうすればきっと、満足のお庭の実現へとつながることでしょう。


千葉県大網白里市を拠点にエクステリア工事を手掛ける「Gardenウィズテリア」では、お客さまの理想のお庭づくりのため、じっくりとお話を聞きながら、予算や条件のなかでベストな提案をさせていただきます。年中無休でご来場いただける展示場も構えておりますので、お庭づくりをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。