お庭はもう一つの部屋! Gardenウィズテリアの提案とは

 


インテリアにはこだわりをもつ方が多いのに対して、エクステリアなどお庭に対する関心はいかがでしょう? 

お庭はやろうと思えばDIYでつくることもできますし、植物はネットでも手軽に購入できます。ただし思いつきでつくってしまうと統一感のないお庭になってしまったり、植物がうまく育たないことも。そうなると、せっかくの住まいの魅力や暮らしの楽しみも半減してしまいます。今回は、魅力的なお庭がどのようなプロセスでつくられているか、ご紹介いたします。




■長く楽しめる庭をつくる樹種選びの秘訣とは



Gardenウィズテリアでは、「お庭はもう一つのお部屋」というほど大切な場所と考えています。

したがってスタートは建物とのバランスを考えるところから始まります。家の素材感や色彩にあうエクステリアのコンセプトを立て、さらに道路からのプライバシーを確保しつつ、家の内側から見ても豊かな気持ちになれる樹々の配置を考えます。


その際は樹木の枝ぶり、葉のかたち・大きさ、色合い、数年後の成長を見据えながら、長年にわたり培った経験と五感で判断をします。樹1本をとっても樹皮が黒っぽく引き締まって見えるもの、赤みを帯び彩りをもたらすもの、白くさわやかなイメージをもたらすものなどさまざまです。葉も、おおぶりでエキゾチックなイメージのものや、風を受けて揺れる様子が涼やかなもの、ツヤを帯びたもの、ドライな雰囲気のものなど、印象はがらりと異なります。


また庭と一口に言っても、日があたる場所、隣家の影になってしまう場所、風が抜ける場所、湿気がたまりやすい場所など、さまざまですので、そのような気候条件と植物をマッチングさせます。さらには水やりや剪定など、お客さまがどのくらい手をかけられるかをすりあわせながら、最適な1本を選び抜くのです。




■エクステリアの要は家との統一感



植物だけでなく、フェンスやパーゴラなどのエクステリア・パーツもお庭のデザインにおける大切な役者。例えばフェンスにしても、お客さまからこのフェンスにしたいとご要望をいただいても、家との相性や機能性・デザインを鑑みて、耐久性があり爽やかな印象を与えるバイナルフェンスや、男前かつシンプルなアメリカンフェンスをはじめ、他のフェンスをご提案させていただくこともあります。


それはエクステリアは家との統一感が大切であるという考え方と、お客さまにとって本当に何がよいかを熟考してのこと。もちろん「好き」というのはお庭を育てるうえでのいちばんの動機ですから、お客さまがお嫌なものを押し付けるわけではありません。なぜこの樹種、このエクステリアのパーツをおすすめするのか理由をお話しすると、皆さまご納得くださり、お庭ができたあと、「あの時、適切な提案をしてくれてよかった」とのお声をいただいたりします。




■時間を宿すエクステリアをつくれる業者とは



お庭は敷地やライフスタイルなどさまざまな条件が絡み合って生まれるもので、一つとして同じものはありません。そのオンリーワンをつくるためには、ネットで植物を購入するようなイージーな感覚で庭づくりをする業者ではなく、将来的な庭との暮らしを考えて提案してくれる業者に依頼しましょう。


千葉県大網白里市の「Gardenウィズテリア」では、「もう一つのお部屋」を長く楽しんでもらうために、さりげなく個性を出しつつ使いやすさも考慮しながら、1本1本樹木やエクステリアのパーツを手で描き、イメージスケッチを作成しております。

今、ほとんどのガーデナーはコンピューターでデザインをしていますが、私たちはあえて手描きにこだわっています。コンピューターの効率性を否定するわけではありませんが、植物という生きものを扱っている以上、やはりインスピレーションを白い紙のうえに自らの手で宿したいと思うのです。


このような考えで「Gardenウィズテリア」は、お客さまに喜んでいただけるお庭づくりを一つひとつていねいにつくっています。お庭に関して気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。



<こちらの記事もおすすめ>

「ちょっと待って! 外構工事もハウスメーカーさんにお願いしていませんか?」

https://garden-wizteria.jp/blog/wiz/110585