フェンスの交換でご自宅の印象を一新! 外観に合ったおすすめのフェンスをご紹介

 


新型コロナウイルスの影響によりおうちで過ごす時間が長くなり、暮らし心地をより良いものにしたいとお考えになっている方も多いことかと思います。

特に、慌ただしい日々を送っているうちに劣化が進みがちなのがエクステリアのフェンス。

サビや汚れが生じたり、時代のセンスに合わなくなってきたり、あらためておうちのことを考えてみたらどうもしっくりこなくなって……など、違和感をおぼえるさまざまな理由があることでしょう。

今回はフェンスの交換でご自宅の印象を一新するコツをご紹介いたします。




■既存のフェンス、古くなっていませんか?



ひとたびエクステリアの工事が完成すると、メンテナンスや交換をするという発想が乏しくなりがちですが、暮らしているうちに、もう少し高さがほしい、あるいは低くしたいなどの要望も出てくることでしょう。

またルーバー状のフェンスでは、もう少し部材同士の間隔を開けて風通しや採光を良くすればよかった、と後になって気づくこともあるかもしれません。


またフェンスは材質によって経年で劣化してします。

無垢の木を使ったフェンスは、劣化の具合も経年美としてとらえることができますが、塗装などメンテナンスをきちんと施さないと腐朽してしまうことも。


ブロック塀も要注意。有数の地震国である日本では、私たちの家屋は、頻繁に地震の揺れにさらされています。そしてこうした揺れは、ブロック塀に目には見えないダメージを蓄積させます。ブロックそのものやブロック同士をつなぐ「目地」にヒビを与え、塀の強度を劣化させてしまうのです。

さらにはヒビやブロック表面の剥落から雨水が浸入して、ブロック塀を支える鉄筋にサビが発生してしまうことも。人間に例えれば、見た目は元気でも骨がボロボロになりかけているような状態です。サビはブロックの劣化をさらに進行させてしまい、地震などをきっかけに倒壊すると、道ゆく人にケガをさせてしまいかねません。




■ご自宅にぴったりのフェンスをご紹介します



フェンスをより安全なものにしたい、あるいは住まいをいっそう快適にしたいとお考えの方は、思い切ってフェンスを交換してみましょう。長年住まわれているうちに、エクステリアに対するセンスが変わったり、流行を取り入れたいという理由でフェンスを交換される方もいらっしゃいます。


フェンスを交換する上で考えておきたいのが、住宅との相性です。最近はキューブ型の外観が人気ですが、このようなデザインには、シンプルで癖がなくかつスタイリッシュなアメリカンフェンスhttps://garden-wizteria.jp/blog/wiz/114019)がよく合います。


また洋風あるいはナチュラルな外観のおうちには、バイナルフェンスもよく合います。バイナルフェンスはさわやかな白に特徴がありますが、もうワンポイント加えたいという場合は、フェイクグリーンhttps://garden-wizteria.jp/blog/wiz/114718)をプラスするのも手です。

カラフルなフェンスがお好みという方には、アーバンフェンスもおすすめです。(https://garden-wizteria.jp/blog/wiz/115351




■大切なのは、自分好みのデザイン



フェンスを一新する上で大切なことは、自分が好きと思えるデザインを選ぶことと、機能性を両立させることです。

たとえば一口にバイナルフェンスと言っても、風通しやプライバシーの確保などを考えると、またデザインが変わり、そうした違いがおうちの佇まい全体に個性をもたらします。


そしてお好みのスタイルを取り入れつつ、家全体のバランスをとっていくのはまさにプロならではの技。「自宅には合わないかも……」と思っているフェンスでも、プロに相談すれば植栽との兼ね合いも含め、思いもよらぬ提案をしてくれるかもしれませんよ。


千葉県大網白里市を拠点にエクステリア工事を手掛ける「Gardenウィズテリア」では、お客さまの理想のお庭づくりのため、じっくりとお話を聞きながら、ご予算や条件にあったベストな提案をさせていただいております。フェンスに始まりお庭のことでお悩みのことがございましたら、なんでもご相談ください。


フェンスの印象はカタログやインターネットの写真で見ても、実際のおうちの雰囲気や植栽との兼ね合いでまたイメージが変わってきます。「Gardenウィズテリア」は展示場も構えており、実物のフェンスもご確認いただけますので、どうぞお気軽にお越しください。