コスパ最強、バイナルフェンスの特徴

 

■バイナルフェンスとは



バイナルフェンスとは、PVC(ポリ塩化ビニル/塩化ビニル樹脂)という強化樹脂を材料とするフェンスのことです。アメリカでは広く使われており、その安全性や耐久性、メンテナンス性の高さから、近年日本でも注目されています。



■バイナルフェンスの特徴TOP3


●軽くて丈夫


バイナル=硬質樹脂という名前が示すように、バイナルフェンスは非常に頑丈で、鉄やアルミといった金属製フェンスの3倍~5倍の強度があります。フェンスはもちろん、補強材を併用すればデッキやガゼボにも使用できるほどなのです。しかも、中空の樹脂製なので軽く、加工や取り扱いも簡単。外構から花壇まで、どのような場所でも自由なデザインを実現できます。



腐食、変色、硬化せず、メンテナンスフリー


PVC製のバイナルフェンスは、木製フェンスのように腐食しません。また、金属製フェンスと違って錆びることもなく、潮風が吹き付ける地域でも塩害を気にせず使用できます。紫外線を反射する性質により、変色や硬化もほとんど起こりません。劣化によるササクレや形状の変化も発生しないので、怪我の心配も無用です。


さらに、表面が滑らかで汚れが付着しにくいことから、水と雑巾・モップさえあれば十分にきれいにできます。簡単な汚れなら、雨が降っただけで落ちてしまうほどです。素材自体が白いため、ペンキの塗替えも必要ありません。最低限のメンテナンスだけで、いつまでも美しい外観を保つことができ、コストパフォーマンスは抜群です。



食器と同様の無毒性と、優れた省資源性


PVCの原料は、60%が天然塩由来の塩素、40%が石油由来のエチレンです。鉛やダイオキシンといった有害物質は含んでいないため、その無毒性は食器と同等で、仮に飲み込んでしまっても人体に害はありません。小さなお子様のいるご家庭でも、安心して使用可能です。廃棄するとしても、地球環境への影響は最小限にとどめられます。


また、100%石油を原料とする一般的なプラスチックに比べて、石油の使用量を抑制できるのも大きなメリットです。さらに再生利用も可能で、限りある資源を無駄にしません。耐久性の高さにより長期間使用できることも考慮すれば、とても省資源でエコロジーな素材といえるでしょう。




バイナルフェンスは、日本ではまだまだマイナーな商材です。施工の経験がある業者様もそれほど多くはないでしょう。Gardenウィズテリアは、一般的な工事はもちろん、バイナルフェンスを利用した施工を得意としています。安全でメンテナンスフリーなバイナルフェンスを活用したい時は、ぜひご相談ください。